« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月

2017年10月16日 (月)

リモートシャックにTA33を移設

先日、自宅のアンテナを214Aにしたので、それまでのTA33をリモートシャックにもっていきました。

P_20171011_122906

今までは218の3エレなので、回転半径が1mほど大きくなります。
木に引っかかるので、ルーフタワーを1mほどずらします。ステーがオフセットするので、4本だったステーを5本にするため、屋根の上にステーポイントを増設。

P_20171011_123315

次に218を降ろして、ルーフタワーをゴリゴリとずらして、ステーを全て張りなおし。

ここまででけっこう疲れましたが、ここからTA33をあげます。重さが10kgくらい重くなります。

TA33を持ち上げてマストに固定するときに、ロープを首に巻いてしまい、力を抜くと首が絞まります。マジで死ぬ、TA33に絞殺されるかと思いました。

基本的に、山のおうちで一人で作業しているので、何かあったらほんとにやばいです。ルーフタワーに首でぶら下がってたらかなりシュールな絵だよね...orz

暗くなる前に何とかなりました。

P_20171011_170418_2

14、28はいいのですが、21のSWRの一番低いところがバンド外の下のほう。
でもここで作業はおしまいにして帰る。

変える道すがら考えるに、バランを218のを使いまわしたのと、バランから給電部への接続の長さが若干長いようなので、今まで使っていたバラン+給電部のコードを短いのを作ります。

次の土曜日に昼過ぎから出かけて、すでに暗い中、ヘッドランプで作業。

14MHz
Jib_ta33_14

21MHz
Jib_ta33_21

28MHz
Jib_ta33_28

結果はほとんど変わらずでした。14、28はバッチリなんだけどなぁ

これで秋のコンテストはやってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

エモト 105TSの修理

昼から(も)暇だったので、倉庫の掃除と、捨ててあったローテータの修理をしました。

P_20171002_162400

ジージー言うだけで動かなかったので電気系のみ確認して放置してあったエモトの105。

バラしてモーター単体にしても動かず。コンデンサーだと嫌だなぁと思いつつ、駄目元で通電しながらモーターのシャフトをペンチでグリグリ回してみたら復活しました。シャフトにオイルをチョン付け。他のギアも本当はばらして清掃してグリスアップしたかったのですが、面倒くさかったのでギア周りはスプレーグリスを吹き付けて、ベアリングは指でグリスを塗り塗りして、リング組んで修理完了。

P_20171002_153118

このモーターってうるさくて熱い。

方向と表示も大丈夫っぽいので、これを28MHzの八木回してる502とを交換するかな。


まだあと103とかケンプロの型式不明とかあるけど、そいつらはまたそのうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »